富士フィルム スクエアへ行ったのでついでに。


動物写真家 前川さんの写真展へ富士フィルム スクエアへ行ったので、ついでに富士フィルム X-T1を使用していて、気づいた点をお店の店長さんへ伝えてきました。

1.露出補正が効かない

これは、良く報告と要望があるようでうす。
・絞り固定
・シャッタースピード固定
・ISOオート
この場合の状態だと露出補正が効かない。
マイナスにして、アンダーで撮りたい場合も+-0に固定されてしまい、どうしてもISOが上がってしまいます。

2.AEがロックされない

フォーカスをM(マニュアル)にした場合に、AF+AEロックを設定していて、AF-Lボタンを押しても、2枚目以降ロックされない状態になります。
キャノンの時に、親指フォーカスを使用していたので、同じように使用していた場合に発見しました。
他のC、Sは、ちゃんとロックされます。
これは、店長さんも気づかなかったようで、本部へ報告をしてくれるそうです。

3.レリーズ時のスリープから復帰

これは、レリーズをした際に、カメラがスリープ状態になった場合に、起動しないということ。
マイクジャックのレリーズで、長時間放置をする場合に、遠い場所にいて起動できないと、またカメラ本体のシャッターを押して、起動させないといけません。
かといって、スリープさせないと長時間待機の場合、電池の減りもはやくなり、カメラの負担も大きくなると思います。
これは、解決してくれると助かります。
ただ、USBのRR-90などは、出来るか検証していないので、もしかしたらジャックの場合のみかもしれません。

こんな機会もないので、思う存分話してきました。
ファームで、解決されるのであれば、良いですね。

しかし、古い機種にクラシックフロームは入らないかな?

この撮影でfujifilm X-T1を使用しました

この撮影でXF14mmF2.8 Rを使用しました

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでLURECREWをフォローしよう!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す