バクラーランの活気

Fujifilm X-T1+XF14mmF2.8 R

フィリピン パラニャーケにあるバクラーランの様子。
ビノンド、キアポのように活気のある場所です。
上野のアメ横みたいな場所です。

ワオ!スマホを覗き見!?

Fujifilm X-T1+XF23mmF1.4 R

ストリートフォトグラフィーでは、このようなタイミングを合わせて、撮影する事も多いです。
そうすると、街中を歩いていると色んな物を探してしまいます。
それも、ストリートを撮影する楽しみなんですよね。

ビノンド教会の人々

Fujifilm X-E1+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

マニラ ビノンド教会脇の様子。
様々な人がこの周辺にいます。

フィリピン マニラ栄光の光

Fujifilm X-E1+XF14mmF2.8 R

各国の貧困問題は、大変だと思います。
フィリピンに住んでいた時、私も良く目にしてきました。
観光客が多く訪れる場所にも多く、この写真のベイウォークもそうです。

このベイウォークでは、寝泊まりしている人や生活をしている人もいます。
そんなベイウォークは、夕日が綺麗で有名で、多くのフォトグラファーが訪れます。
若干異臭はしますが、マニラに住んでいた時は、毎日のように通っていました。

この日は、曇っていましたが太陽が現れて来た瞬間が、とても幻想的でした。
手をかざして、話をしているおばあさん。
耳を傾ける2人の子供。
栄光の光のように見えました。

そうあって欲しいですね。

パサイ MOAの化粧品店MAC

Fujifilm X-E1+XF14mmF2.8 R

写真は、フィリピンのモール オブ アジアです。
モールの中も被写体がいっぱい。

そろそろ、写真が撮りたくなってきたな~。
チョット、題材はあるんだけど、時間が取れない。。。

早朝、マニラ湾の漁師。綺麗な朝焼け

Fujifilm X-T1+XF35mmF1.4 R

早朝のマニラ湾にぞくぞくと、漁師たちが戻ってきます。
マニラ・ベイで路上販売をするためです。
けして、綺麗とは言えない海で捕れた魚は、毎日、売られています。