富士フィルム スクエアへ行ったのでついでに。

動物写真家 前川さんの写真展へ富士フィルム スクエアへ行ったので、ついでに富士フィルム X-T1を使用していて、気づいた点をお店の店長さんへ伝えてきました。

1.露出補正が効かない

これは、良く報告と要望があるようでうす。
・絞り固定
・シャッタースピード固定
・ISOオート
この場合の状態だと露出補正が効かない。
マイナスにして、アンダーで撮りたい場合も+-0に固定されてしまい、どうしてもISOが上がってしまいます。

2.AEがロックされない

フォーカスをM(マニュアル)にした場合に、AF+AEロックを設定していて、AF-Lボタンを押しても、2枚目以降ロックされない状態になります。
キャノンの時に、親指フォーカスを使用していたので、同じように使用していた場合に発見しました。
他のC、Sは、ちゃんとロックされます。
これは、店長さんも気づかなかったようで、本部へ報告をしてくれるそうです。

3.レリーズ時のスリープから復帰

これは、レリーズをした際に、カメラがスリープ状態になった場合に、起動しないということ。
マイクジャックのレリーズで、長時間放置をする場合に、遠い場所にいて起動できないと、またカメラ本体のシャッターを押して、起動させないといけません。
かといって、スリープさせないと長時間待機の場合、電池の減りもはやくなり、カメラの負担も大きくなると思います。
これは、解決してくれると助かります。
ただ、USBのRR-90などは、出来るか検証していないので、もしかしたらジャックの場合のみかもしれません。

こんな機会もないので、思う存分話してきました。
ファームで、解決されるのであれば、良いですね。

しかし、古い機種にクラシックフロームは入らないかな?

写真展へ行ってきました。

森にすむ人々 前川貴行
以前に2度お会いした事がある、前川さんの写真展へ行ってきました。
本日は最終日で、どうしても行きたかったので、何とか行くことが出来て良かったです。
そして、写真集まで購入できました。
本人とも少し話をさせて頂いて、とても良い日でした。

大きい写真をみていると、自分がファインダーを覗いて見ていたら?と想像すると、入り込んでしまって、ゾクゾクしました。
ゆっくり、写真集を眺めてみたいと思います。

ナショナルジオグラフィック写真賞

Fujifilm XQ1

写真をやっていれば、一度は、やってみたいのがコンテストへの応募。
日本に帰国をして、数カ所に応募をしました。

そして、去年の暮れにナショナルジオグラフィックから通知を頂きました。
フィリピンを主体とした写真で、どうしても入賞したかったので、フィリピンの写真で賞を頂けたことが凄く嬉しかったです。

8年間住んでいたフィリピンでの経験の結果が、写真で表せる事が出来たと思います。
色々とあったフィリピンでの生活ですが、また、戻った時にはたくさん撮影したいと思います。